身近に感じた地球温暖化による影響

暑さも収まり、肌寒さを感じるようになった初秋のとある日曜日、息子と近所の荒川河川敷へ昆虫採集に行った時のお話です。
この日は標本を作るために出掛けたので、昆虫ならルリタテハ、甲虫ならタマムシが採れれば良いなと思っていた所、なんとツマグロヒョウモンという蝶が採れたのです。

この蝶は動物界では珍しく、雌の方が雄よりも派手な模様をしています。
雌の前翅表面部の先端部は、鮮やかな黒紫色で、黒紫の部分を白い帯が横断しています。
非常に美しい蝶なので、標本にすると見栄えが良いのですが、本来なら近畿以西の西日本にしか生息しないはずの蝶です。

それが近年、温暖化の影響や幼虫の餌になるビオラ等のスミレ科の植物の分布の拡散などによって、ツマグロヒョウモンの生息域も広まっているのです。
調べてみると、現在は岩手県盛岡市付近まで生息域が広まっています。
北海道新幹線が開通した今、ツマグロヒョウモンが津軽海峡を越え、北海道に到達するのも時間の問題でしょう。

もしかしたら、私が知らないだけで、もっと沢山の生物が日本全域に生息域を広げているのかもしれません。
地球温暖化が進むことで、生態系にどの様な変化が起きているのか気になります。スパーキー佐藤の返金はここで解説しています

愛する我が子の元気な胎動で幸せと不安を感じる24時間

現時点私は生後6カ月のベビーがいらっしゃる。初めての受胎ですよ。私の妻が悪阻がひどかったようで、入院万が一ていた程だったそうです。私は悪阻というものはなく、ただ大好きなウニがたべたら嘔吐してしまうと言う一つの試練程でした。産婦人科では、早くから私は慣例・生き方系統に早産になりやすいと言うことや、貧血で診療に引っかかったりしていました。食活動の発達を履行させたことと、毎日お仏壇に作戦を合わせ無事に産まれてくるみたいお願いしました。なんとか貧血のポイントが落ち着いてきたと間幸福しつつあると今度は、逆児ですとつげられました。逆児を正すために対応や眠るときの体位を意識すると4週間範囲で直りました。そのそのつぎは、急に胃腸にはりが出てきて6カ月入りたて程ですと言うのにあまりにはりが早かったようで遠方のクリニックに入院することになりそうですとつげられました。お手洗いやお風呂以外は動かず横になっているともつげられました。運動して体を動かさないといけなかったり、今度は断じて動いたら禁止だったりとほんとに大層でした。入院は走り込みしなくていい曲線まで身体が戻ってくれました。そちらためも分娩までは動かず話すみたいつげられました。気がかりなときの激しい胎動は、楽しいことでもあるのですが不安な思惑もありした。スケジュール月になり、満潮の日安全産まれました。ミラドライ大阪の詳細について